診療報酬債権をファクタリングする。

医療業界では、レセプトを健康保険組合連合会に請求しても、入金されるのは2か月後なので、早期に診療報酬債権を資金化するためにファクタリングは、当たり前のように利用されています。

診療報酬も債権で一般企業から見れば、売掛金に値します。

教えて!gooがどんなものかご存知ですか。

ファクタリングすることにより、資金が円滑に回り、急な設備のメンテナンスや人件費の支払いなどにもいかせ資金繰りが楽になるようです。

特に医療業界は、暑い夏や寒い冬などに患者数が増え、過ごしやすい春や秋には患者数が減る傾向にあり、季節変動の稼働により診療報酬債権も変動するので、ファクタリングする診療報酬としないものに分けることができ、キャッシュフローが安定してくるようになるのです。

ファクタリングは借り入れではなく、診療報酬債権の譲渡なので、経理処理に負債として計上する必要もなく連帯保証人や担保も必要ありません。

担保は診療報酬ということになるのです。

自立支援給付費債権ファクタリング情報探しのヒントをお教え致します。

大手のリ-ス会社もファクタリングサービスを提供している場合が多く、医療機器や事務機器と共に支払いが一本化できるので、医療機関から喜ばれているようです。
サービスを使うにあたり手数料はかかりますが、タイムラグを考えることなく容易に資金が調達できます。
気をつけなくてはならないのが、診療報酬の減額で、レセプト請求金額の8割程度が買い取り価格になるので、資金繰りを圧迫する可能性もあります。



サービスを停止した場合にも、同じことが言えるようです。